こんにちは。片桐です。

今日は中国輸入の稼ぎ方についてざっくり説明したいと思います。
その1 日本で需要がある商品を調べる。

その2 中国で同じ、もしくは類似品で価格差のある商品を仕入れる

その3 販売する。

はい。これだけです(笑)

順番が間違ったり、調べ方が甘かったりするとダメですが、
コレが基本になります。

とてもシンプルですが、
上記の基本からブレなければしっかり稼げます。
タオバオ仕入れのAmazon.co.jp販売が最もポピュラーですが、

基本さえ押さえておけば、
別にタオバオにこだわる必要もなくてどこから仕入れてもOKです。
同じように販路もAmazon.co.jp以外にもたくさんあります。

最近は日本以外、ヨーロッパや欧米などのAmazon.co.jpを利用して
中国商品を売っている方もいます。

基本さえ押さえておけば、
いくらでも視野が広がっていきます。

この視野の広さが無いと、
例えばライバルとの価格競争から抜け出せなかったり、

今まで稼げていた方法が通用しなくなった時に対応が出来ません。

お客さんが欲しがっているものが何かを知って、

それを仕入れて販売すれば絶対に儲かります。
これはいつの時代でも通用する普遍的なノウハウです。

単純に目先のランキングや価格差を追っていっても十分稼げるんですが、
広い視点があると長期間稼ぎが継続します。

中国輸入に限りませんが、
正しいノウハウと十分な量の努力があれば確実に稼げるようになります。

正しいノウハウは僕がしっかり提供していきますね。

では、また♪

中国は日本に比べて、人件費が5分の1から10分の1程度です。

そのため物価が安い中国から買って、日本で価格差を付けて販売することで利益が出ます。