今回は1円出品と
定額出品の比率に関して
お伝えしようと思います。

コンサル生と話をしていたんですが、
最近あまり売れていかない
とのことで相談がきました。

今の現状を聞いてみると、
出品形態が全部定額出品でした。

定額出品のメリットは
自分の望む価格で設定できるので、
売れた場合に利益は取りやすいです。

しかしここには
デメリットもありまして、
まず1つ目は、

1円出品と比べると
アクセス数があまり集まらないので、
当然売れにくいです。

そして次は、
値段をあまりに相場よりも高い価格で
設定してしまいがちという事。

これは始めたばかりの方に
ありがちなのですが、

赤字がでるのがこわくて、
定額出品だけしかしていない。

自分のお金と労力を使ったので、
赤字になんてなってほしくない

と思いますが、
これではなかなか前に進めません。

そして、
定額出品しかしていない場合に
一番危険なのが、

自分がどれくらい売る力がついたのか
わかりにくい事です。

売る力を計る1つの指標となるのが、
即決価格での落札などです。

即決で落札されるには、
写真の技術が向上したとか、

それなりの理由がありますので、
それを分析することで
更に成長していけます。

また、1円で売ってみて、
赤字がでたりすると、

自分の仕入れ値が高かった
などということも、
すぐにわかります。

短期的には赤字はいやですが、
長い目でみると、

その経験がある人の方が
成果を上げやすいです。

まとめると、
1円出品をすることで、
定額出品よりもはやく、

自分の売る力と安く
仕入れる力の確認ができる。

自分の力をできるだけ正確に
判断していくためにも、
1円出品は大切です。

まだ始められたばかりの方は、
経験を積むことを意識して、

1円出品でどんどん商品を
売ってくださいね!

カメラ転売で月収30万を稼ぐ力を身につけて自分の可能性を見つける