こんにちは。柿沼です。
そもそもリサーチってなんでしょうか。

価格差がある商品を探す?
人気のあるブランドを見つける?
トレンドのキーワードをチェックする?

どれも正解です。
これらの手法は物販をスタートする時に誰もが通る道です。

よく、「まずは、ひたすらリサーチをしましょう」
と言われるのは
「これらの作業をたくさんして、物販の基本的な感覚をみにつけましょう」
という事なんです。

それでは今回は、この先を少し考えてみましょう。

価格差のある商品を見つけても
早ければ数日、遅くても半年もすれば競合出品者が現れて
相場は下がっていきます。
この現象は、どんな商品でも基本的には必ず起こります。

相場が下がればその商品では稼げなくなりますから
また新しい商品をリサーチする必要が出てきますね。

とうこは、物販をやっている限りは
「延々と価格差のある商品を探し続ける必要がある」もしくは
「延々とトレンドを追い続ける必要がある」
といったことになります。

これ、少し気が滅入りませんか?
この繰り返しから一歩抜け出すにはどうしたら良いでしょうか?

価格差のある商品を探せるようになってきたら
次はもっと大きい視点でリサーチをしていきましょう。

具体的にどういうことかと言うと
商品そのものの価格差をリサーチするのではなく
まずはニーズをリサーチします。

最初は自分が仕入れる事ができる商品を元にすると良いですが
それらの商品を購入してくれる人たちが

「どんなものが欲しいだろう」
「どんなシチュエーションを楽しみたいだろう」
「どんな感情を得たいだろう」と考えます。

お客さんが得たいものをリサーチできたら
次は商品やサービスを考えていきます。

商品を組み合わせてセット販売をしたり
販売ページで使い方のシチュエーションを提案してあげたり
その商品を使った後に感じる事ができる感動を伝えてあげたり。

僕の場合は物販をはじめて3年目くらいにこの事を考え始めましたが
こういう事を意識し始めるのは早ければ早い方がいいと感じています。

収入が増えてきた時に感じる
満足感や自信の持て方もまったく変わってきますし
ビジネスの地力も圧倒的に身につきます。

目の前の収益も大切ですが、ぜひ意識してみてください!

輸出入ビジネスで自由を手にする方法