アリババグループのeコマースサイトTmallに
英国ブランド、バーバリーが出店してから
中国eコマース最大手のアリババは、より高級な企業を引き込む狙いで
フランスブランドのプロモーションを行うためにフランス政府と協力を始めた。

先日、アリババはフランス外務大臣との間に
フランスブランドを中国に売り込む目的で、
特別な登録やブランドプロモーション、
Tmallでのマーケティングサポートを提供する3年間の覚書を締結した。

外務大臣は「これによって中国消費者に提供する
フランス製品の幅が大きく広がる。
中国消費者は、高品質で安心なものを楽しむことができる」と話している。

既に、Tmallにはかなりの数のフランスブランドが出店している。
5月19日に始まった1週間の“Elegance of France”キャンペーンでは
フランス企業による旗艦店が30店舗以上揃っている。

この契約によって、アリババは高級なイメージを高め、
ブランドイメージを悪くする恐れや
ディスカウント中心のビジネスモデルが原因で
Tmall への出店に慎重になっていた
ラグジュアリーブランドを引き込もうとしている。

アリババが高級を売りにしようとしているもう1つの理由は
先日のIPO発表によって、外国人投資家の注目を集める必要がでてきたからだ。

B2CのTmallやC2Cのtaobaoのeコマースサイトが
安い商品や高級品の偽物による取引で利益を挙げている一方で
アリババは、偽物品を排除し、正当なビジネスで利益を挙げる計画が
示せるよう一丸となって努力している。

Tmallサイトに出店しても、高級なイメージを損なうことが無いと
Tmallが高級ブランドを納得させることができなかった場合、
アリババはその予備計画として
米国サイトShopRunnerへの投資やそのサイトを中国で展開する
契約の準備を行っているようだ。

ShopRunnerはTmallと構成が似ていると共に
さらに多くの一流ブランドを抱えている。
中国eコマース市場へ参入することに消極的な
有名高級ブランドにとっては大きな妥協となるだろう。

BUSINESS INSIDERより引用
http://www.businessinsider.com/alibaba-and-french-luxury-market-2014-5