7月、eBayは世界最古のオークションハウスである
国際競売会社であるサザビーズとのパートナーシップを発表した。
美術品、アンティークやその他の収集品を、
リアルタイムの入札システムを用いた
新しいライブオークション形式でオンライン販売するためだ。

当時eBayは、サザビーズはeBay.comの
新フォーマットを試す重要なテナントであると述べた。
今日、eBayはこうした初期の事例を次々と
有名なオークションハウスに拡大しつつある。

その結果、Doyle New York, Freeman’s,
Garth’s Auctions やSwann Auction Galleriesは
今やeBayウェブサイトの新セクションである
美術品オークションとして注目されている。

このライブオークションはアート関連のオンラインオークションを
取り扱う世界最大手のプラットフォームである
Invaluableとのパートナーシップの元に開発されたとeBayは語る。

アートと収集品にフォーカスしたテクノロジープロバイダーである
Invaluableのオンライン入札技術をふくむソフトウェアは
現在eBayで用いられており、
そもそも消費者文化にオンラインオークションを広めたのも
eBayであることを考えると幾分皮肉なものの、
InvaluableがeBayの1.49億人ものアクティブユーザーに
リーチすることを可能にした。

この新しいオークションでは、
バイヤーは次のセールに向けてカタログを見ることができ、
それからオンラインイベントに出席し直接入札するか、
出席できない場合は欠席入札をセットすることができる。

こうしたオークションはeBayの新しいサイトで開催されており、
eBayのサーチエンジンでも検索が可能だ。

Tec Crunch Networkより引用:
http://techcrunch.com/2014/10/06/ebay-to-host-live-art-auctions-on-new-site/