僕は目標設定とか
あんまりしない方ですが、

eBay始めたばっかりの頃とかは、
「3ヶ月後には○○円稼ぎたい!」
みたいなのが強くありました。

恐らく、誰しもが
そういうのを持ってると思います。

まあ、皆お金稼ぎたいわけですから、
当然っちゃ当然です。

しかし、稼いだことのない金額を
目標にするわけですから、

その数値が果たして
どれだけ現実的なのか?

というのは、
よくわからなかったりします。

特に最初の頃はそう。
漠然と、30万稼ぎたい!みたいな。

なんでそういう数値になるかと言うと、
大抵の場合、既にそれを
達成した人がいるからです。

半年で30万円!達成!
とかならよくいるから、

大体そのくらいは
達成出来るんじゃなかろうか?
とかそんな感じですね。

逆に言うと、そういう事例を知ってる
範囲の数値じゃないと、

「出来る!」と思えないし、
目標にするのは不可能です。

始めたばかりの人が、
「来月100万円稼ごう!」
なんて考えられないのは、

そんなことが出来た人がいるとは
知らないからです。

出来ると思えなければ、
やろうと思わないから、
当然、出来ません。

じゃあ、もしそんな事例を
知っていたらどうか?

知ってるだけじゃ
達成出来るとは言えないですが、
可能性は上がるに決まっています。

だから、出来る限り
「早く大きな実績」を知っておくと、
何かと可能性が広がるってことです。

そして…

僕が知る限り、初心者の状態で
最も早く大きな結果を出した人は、

「2ヶ月目で月収100万円」
という、化け物じみた成果を出した人です。

P.S

以前ですが、新しいビジネスでの
初売上がありました。

そのビジネスとは…
「海外向け情報販売」です。

日本では割と容易に
手に入る情報を翻訳して、

海外の、その情報を求めてる人に
売る、っていうことです。

「情報輸出」とも言えますね。

なんかこう大層な感じに
見えなくもないですが、
これをやるのは全然難しくなくて、

海外の人が欲しがる情報を見つける

→翻訳する
→eBayのお客さんにメールでお知らせする

ざっくり言うと
こんな流れで売れちゃいます。

カギになるのは、
「一体どんな情報を欲しているのか?」
ということを理解することです。

要するにリサーチですね。

これはまあ、そう簡単に
わかるものでもなくて、

深く、お客さんの
考えていることを知らないと、
全く思いつかないと思います。

お客さんの考えていることを深く知るには、
やはり、特定のジャンルに絞ることが大事。

絞れば絞るほど、そのジャンルに
深く関わっていくことになります。

「何でも屋」だと、
その辺は限界がありますね。

「大体何が売れてんだろ?」程度の、
表層的な情報しか得られない。

もちろん、最初は色々
売ってみて学ぶのが大事です。

いきなり、「何売りたいか決めろ!」
とか言っても無理です。

ただ、ある程度稼げるようになって、
「次はどうしようか…」

みたいな感じになってきたら、
やっぱり「何屋さんになるのか?」
を考えるのがおすすめです。

ある程度にいくまでは、稼ぐ!
ということにフォーカスしましょう。

eBay, Amazonを利用した輸出ビジネスで100万超え!君嶋の輸出ブログ