こんばんは、朝山です。

カメラ転売ついて詳しく
お話出来たらと思います。

まずぼくがカメラ転売に取り組み始めたのは
2014年の3月からです。

当時はヤフオクで不要品の
出品を行っていた頃ですね。

不要品出品ではまず、
家にあるものを見つけては
ヤフオクに出品していったのですが、

当然一ヶ月もやっていくと
出品するものはなくなってきます。

その時に次は何を売ろうかと思っていた際に、
たまたまYOUTUBEを見ていると

カメラの転売でお金を稼いでいる
という方の動画にたどり着いたんです。

その方の動画を見て、突然思ったのですが
次はこれをやろうと決めたんです。
その動画がきっかけでしたね。

その後、準備を整えて
カメラ転売に取り組みだしたのですが、

最初は何を仕入れればいいのか
全くわかりませんでした。

はじめの1商品を仕入れるまで
なかなか時間がかかりましたね。

まず最初は都内のカメラ屋さんに初めて向い、
ガラスケースの商品を
さらーっと見ていきました。

それまではiPHONEのカメラくらいしか、
使っていなかったので、

カメラの値段とか、何の種類があるか
なんて全くわかりませんでした。

なぜか、初めてのカメラ屋さん
ということでなんか緊張してしまって

店内を1周しては
すぐにお店から出てしまいました。笑

すぐお店から出てしまったもう1つの理由は
お店の中にいる人の中で、

スマホを片手に
何かを検索しているんですよ。

しかも超真剣な表情で、
画面の切り替えがすごいはやいんです。

そう、その人はまさに
カメラのバイヤーだったんです。

ほんとにいるんだと初めて知って、
なぜかその人を意識しすぎてすぐさま、
お店を出てしまいました。

正直ちょっとビビりましたね笑

そんなこんなで、次のお店に向い、
そのお店は比較的小さいお店で

お客さんがいなかったんですよ。
これはラッキー!と思い、

じっくりとカメラを見ていきました。

端の方から、
キャノン、ニコン、、、、、、、、、

キャノンとニコンは
さすがに知ってはいたのですが、

その他のメーカーを
全く知っていませんでした。

そして、いろんなレンズやボディを見て、
いろんな種類があるんやなーと
見ていった感じですね。

結局その日はカメラを1つも仕入れず、
店を出ましたね。

まあ、カメラの種類やメーカーの名前を
知れたのでよかったです!!

そんな日がカメラ転売の
取り組みを始めた日でしたね。

最初は知らないことが多すぎて、
取り組むまでにも多少時間がかかりますが、
実際に店舗を見て、

学ぶことが出来た
一日だったのでよかったです。

僕のカメラ転売の始まりはそんな感じでした。

ということで今回はカメラ転売の
始まりについて書かせて頂きました。

最後までご覧頂きまして
ありがとうございました。

カメラ転売で月収30万を稼ぐ力を身につけて自分の可能性を見つける