こんにちは、
川下竜彦です。

基本的に素直にまじめにやり
思考を続けて
適切なリスクを取り

超レッドオーシャンでは無く
超ブルーオーシャンでは無い
パープルオーシャンな市場で戦う。
(赤と青を混ぜると紫らしい。笑)

これが出来ると誰でも稼げると思います。

もちろん、1つ1つが難しい行為では
あるのかもしれないけど
多分世間が思うよりはずっと簡単だと思います。

ただかなりナメて参入した人は
稼げない傾向にあるし

ビジネスをかなり難しいと思っている人は
そもそも参入しないし(出来ない)
このバランス感覚も難しいです。

余談ですが
僕の場合は親が経営者で
幼稚園のなんかの会で将来の夢を
1人1人発表することがあり

「お父さんの会社の社長になりたい」
と僕は言いました。

その会を見に来ていた母が
見に来ていなかった父にそのことを伝えると
「ナメるな。お前なんかには無理」と
言われトラウマ的に今でも残ってます。笑

僕も子を持つ父として自分の可愛い子供に
よくそんな酷いこと言えるなと思いますが。笑

その後も常々サラリーマンになれと
言われ育ってきました。

ちなみに、こんな父親なので
起業して就職しなかったことを伝えると
ややこしくなりそうなので

実はサラリーマンをしていて
脱サラ起業したことになっています。笑

まぁ結婚式の時にその嘘はバレましたが。。。

ですので僕は育ってきた環境から
ビジネスはとてつもなく難しいモノだと思っていて
それでもやってやろうと思えた
珍しいタイプなのかなと思います。

手前味噌になりますが
僕の成長スピードが早かったのは

ビジネス=難しすぎる

という意識が努力を生んでくれ努力した分
成長するスピードは早かったのかなと思います。

ただ、今はビジネスをナメていませんが
難しいとも思っていません。

この中間な状態が一番良いと思います。

その理由は
難しく考えていないので
「とりあえずやる」ということが可能で

ビジネスをナメていないので
とりあえずやったことに対しても努力が出来ます。

ですので、
「ECをなるべく早くしよう」と話した事がありますが、

今後とりあえず気軽に始めることが難しくなると
思うので今のうちに始めたほうが良いと思ったためです。

この記事を読んでいる多くの方は
円高時に輸入ビジネスを始めた人も多いと思います。

その理由は円高だし儲かるんじゃないか?
という失礼ですが安易な発想だと思います。
(僕も同じくです)

しかし実際やってみると価格競争が起こり
超簡単では無かったと思います。

ですが、多くの人は輸入ビジネスを行って
結果的にとりあえず始めてよかったと思います。

一概には言えないのですが
基本的には難しく考え過ぎず
もっと物差しを緩めて良いと思います。

ただ、物差しを緩めすぎていると
強烈なカウンターパンチがありますので
その辺りは気をつけた方がいいかなと思います。笑

川下竜彦メールマガジン登録