ユキです(^^)

物販ビジネスの中で
アマゾンは難易度低い
独自ショップは難易度高い
こんな定説があります。

確かに、独自ショップで稼いでいる人は
とても少ないです。

一年前にあった
独自ドメインの無在庫ネットショップも
軒並み消えていっています。
稼げていないんでしょう。

だから独自ショップで
稼ぐおれはすごいんだぜ!
なんて言いたいわけではなくて。

アマゾンと独自ショップは
難易度の違いじゃなくて
必要なスキルが違うんですね。

水の中でのパフォーマンスを競うという
意味では同じだけど、
水泳と水球くらい違う。

アマゾンを代表とするプラットホーム転売
ここで競合と差をつけるために必要なスキルは
「仕入力」です。
需要のある商品をいかに安く仕入れるか。

独自ショップで競合と差をつけるのに
必要なスキルは「販売力」です。
いかに集客し高く売るか。

もちろん物販ですので
仕入力が高ければ
それだけ独自ショップでも有利です。

でも決定的な差をつけるのは
「販売力」です。

仕入力も販売力も
お金があればすぐ高められます。
僕の主観では仕入力の方が
お金で解決できることが多い。

今、お金と時間があまりないなら
アマゾンもやって独自ショップもやって・・・
これが一番稼ぎにくいです。

まずどこかで集中して稼ぎの柱を作り
それを人に任せて、
自分は新しい稼ぎの柱を作る方が
お金を稼げる確率は上がるかと。

どこで稼ぐかは、
「仕入」か「販売」
どっちの方が楽しいと思うか?で
判断するのがいいと思います。

どっちの方が稼ぎやすいか?で判断しても、
楽しくなかったら
どうしても続かないんですよね。

よっぽどお金が好きで
お金のために自分を犠牲にできるなら
別ですが。

僕の場合、
どうやったら人が集まるだろう??
どうやったら高く売れるだろう??
考えて実践してみて検証して改善して、、、
販売力、いわゆる「マーケティング」ですね。
今はこれが楽しいと感じます。

そして、販売力が高いと
応用を効かせやすく
お金を稼ぎ続けることができると
確信しています。

並行輸入のビジネスの未来は
かなり稼ぎにくくなると
僕は予測しています。

ネットを使った個人の時代が来る!
と言われて久しいですが
まだ世間にはその認知は薄いですね。
でもそれが常識になる頃には
とんでもないレッドオーシャンになります。

今のうちに自分の強みを見つけておくと
未来も有利ですよね♪

ネットショップ開業の前に