Age is just a number! (年齢なんてただの数字)

アメリカ・アイオワ州の田舎に住む、99歳のリリアンさん。
彼女は会ったこともないアフリカの貧しい少女たちのため
毎日ドレスづくりに励んでいる。

過去2年間でドレスを840着縫ったリリアンさんの目標は
「100歳までに1000着のドレスを縫うこと!」

だけど、数だけにこだわっているわけではない。
「少女たちが自分の着るドレスを誇らしく思えるように」との願いを込め
それぞれリボンやレースを施し、一つ一つ違うデザインのドレスに仕立てている。

「1日に2着つくれるけど、1着しかつくらない」とリリアンさんは言う。

彼女が寄付しているのは、
キリスト教慈善団体の「リトルドレスforアフリカ」。

この慈善団体はこれまでにアメリカ全州のほか
イギリスやカナダ、メキシコ、オーストラリアなどから
250万着もの(!)ドレスを受け取っているという。

送られてくるドレスの多くは「枕カバー」でつくられている。

どうして枕カバーかというと
クローゼットで眠っていることが多く
色と柄が豊富で、縁の処理がされているため
初心者でも簡単にアフリカの気候にぴったりのサンドレスがつくれるから。

リリアンさんは「1000着達成してもドレスづくりはやめない」と語っている。
彼女がテレビ番組に紹介されたときの映像はこちらから。