LINEを使って効率的に中国輸入 前編
からの続きです

前回は中国のセラーと
直接やりとりする事で

有効な情報が得られるという
メリットや翻訳サイトの利用について
お話していました。

今回もその話題の続きとなります。

―――――

少し話は逸れますが
中国人の国民性として

「一度仲良くなると
家族のように接してくれる」
という国民性があります。

何も取引をしたことが無い状態ですと
中国人は非常に淡白な
やり取りしかしてきません。

価格交渉についても、
なかなか対応してくれない
場合もあります。

しかしながら、長く取引を行い
お互いに信頼関係を構築することで、

勝手にこちらのことを家族のように
扱ってくれるようになります。

ネットでのやり取りですが、

「これはどう?」
「これだけ買ったら前より安くするよ」

とこちらに有益な情報を
相手方からどんどん
提示してくれるようになります。

なので自分で直接交渉することで
長期的なスパンで考えると
メリットが非常に多いですね。

話がそれましたが、
このように交渉を行っていく際に
面倒なのが文章でのやり取りですね。

どうしても
中国語⇔日本語
の翻訳作業が必要になります。

中国と日本の時差は
さほど変わりませんが、

可能な限り中国人から連絡がきたら、
即時返答をする形を
取っていたいものですね。

とくに輸入転売は
販売価格の上下があるので、
旬な商品を
旬のうちに販売したいわけです。

なので交渉については
スピーディーに完結させる。

しかしながら、
一日中パソコンの前に座っている
わけにはいかないので

どうすれば良いのか、
ということになります。

そこで金森が活用しているのはLINEです。

LINEには公式アカウントで

・英語翻訳
・中国語翻訳
・韓国語翻訳

などをしてくれるアカウントがあります。

それをセラーである中国人と
自分とのトークに参加させます。

そうすると自動的に

中国語を日本語に
日本語を中国語に

翻訳してくれるわけです。

LINEはスマホで出来るので
外出先であろうが自宅にいようが

中国人と円滑なコミュニケーションが
可能になります。

交渉は商品を仕入れる場合に
必要な作業になりますが

可能な限りリサーチ自体に
時間を割きたいので

このように交渉に使う時間を
短縮していく努力が必要になります。

もし、中国人と
直接交渉を機会がある方は

このようにLINEを活用して
中国人とやり取りをすることを
おススメします。

~26歳、完全在宅で月100万円稼ぐ金森のブログ~