どんなビジネスするにしても
顧客目線での考えかたってのは
大事になってきますね。

amazonは顧客超第一主義を謳ってますが、
あれも顧客目線から考えた結果、

30日間の返品対応とか、
PRIMEサービスとかが
生まれたわけなんでしょうけど、

ちょっとまあやりすぎの気も
しますけど僕にはわかりませんw

そんな僕らもamazonで販売する場合、
結局顧客に商品を選んでもらって

なおかつ購入先ストアとして
うちを選んでもらわないと
買ってもらえませんよね。

じゃあまず、そうやな例えば
タワシが欲しいひとがいるとして、

タワシ欲しい人がタワシをamazonで
買おうと決めていたと仮定します。

そうするとまずどうするでしょうか、
検索窓にタワシと入れるかもしれませんね。

カテゴリで、
ようわからんけど掃除道具とか?

そんなとこまで掘り下げて
最下層カテゴリのランキングを
参照するかもしれません。

なんにせよ、
タワシの商品ページを発見します。

ひとつじゃないかもしれません、
タワシにもいろいろ種類があります。

鍋の焦げ付きなら
金ダワシが必要かもしれません。

そうして候補を絞り込み、
レビューや価格、さまざまなものを
考慮してとあるタワシに決定します。

今回はよく学校などにあった茶色い、
東京フレンドパークでも
おなじみのアレにしました。

なんとそのタワシ、出品者が100人超!

でもそんなこと気にすることもなく、
Add to cartして購入してしまいました。

よくある光景ですね。

いろいろポイントがあったんですが、
結局最終はこういうとこまで考えて、
販売方法を構築してるかどうか
ってことです。

LINEなどでいろいろ、
ノウハウに関する問合せもらいますが、

そうやってノウハウに走ってると
いつまでも本質はつかめませんでw

うまいやりかたには必ず根拠があります、
やりかただけ聞いてくるひとはその程度、

やりかたよりその根拠を聞いてくるひとは
たぶん本質つかめる人じゃないかなと
思います。

必殺技っつっても
全然真新しいこともないです、

ただやってる人は少ないです、
めんどくさいから。

必殺技なんてそんなもんですよね、
なんでもw

それも結局カスタマー
目線から生まれたものです、

普通にカスタマー目線で考えてたら
誰でも行き着くような方法です。

単純に考える絶対量が低い。
まずはそれに気づいてほしいものですね!

輸出入ビジネス下克上ブログ amazon輸出/ebay輸出を通じて世界へ