こんにちは、
川下竜彦です。

以前、同業者に言われて嬉しかったのは
「成長スピードが早い」ということです。

スピードというのは
なぜ嬉しいかというと
僕の理念の中で一番強く
思っている所だからです。

ですが、
格好つける訳でも無いのですが
僕が行いたいスピードよりも遅いです。

特に最近は対企業が絡むので
色々と遅いです。

判断がかなり遅いし
そんなに長時間保留して
答えはそれかよ。というのが
本当に多いです。笑

同業者と比較すると
僕はスタッフの人数が多いので

その分、行動が早いという
単純な理由もありますが

一番大切だと思うのは
無茶気味な目標を立てることだと思います。

もちろん、大体は
目標が達成出来ませんが
それで良いと思います。

例えば、
年内に月収100万円行く目標と
年内に月収150万円行く目標では

後者の目標を掲げた方が
結果的に稼いでいる額が大きいと思います。
無茶気味というのがポイントで

例えば
輸入ビジネスで年内に月収1,000万円

という目標設定をしてしまうと
todoリストがバグってしまいます。笑

ですが、適正×1.5位の目標では
目標から逆算しtodoリストに落としこむと
何とか出来るものです。

そして最悪目標設定が高いので
出来ない時もあって良いと思います。

感覚的に言うと
夏休みの宿題を8月31日で
綺麗に終える予定を立てるよりも

8月15日までに終わらす予定を立てれば
結果的には8月31日よりも早く終わるでしょう。

これを8月31日までに終える予定で
急遽宿題の時間に
友達から遊びの誘いが入り
丸一日宿題が出来なかった。

昨日の分も今日取り返さなきゃ。という
状態はメンタル的にしんどくないですか?

そしてやっぱり
昨日の分を今日カバーするのはしんどいから
明日やろう。

明日やろう。を2~3日繰り返せば
「8月31日に徹夜でもして終わらそう。」
となると思います。笑

それが
「そもそも余裕ある日程だから
 1日ズラして終わらせよう」

このメンタルの方がとても楽だと思います。

そして当然ですが
ビジネスの場合は宿題とは違い
積み重ねなので

年末までに100万円稼ぐ目標だとして
11月から頑張っても
それは無理なのです。

川下竜彦メールマガジン登録