正しい外注化の方法 Part4
からの続きです

Part5までくると、
さすがに外注化講座みたいですね。

Amazonやebay、
ネットショップの話が聞きたい方は、
もうしばらく我慢してください。笑

今回は、
SOHOさんを採用する段階の話題です。

この採用というステップで
悩まれている方が非常に多いのですが、
実はこれはとても簡単なステップです。

なぜかというと、
「全員採用する」からです。

全員採用する理由は簡単で、
働いてもらうまで本当の能力を判断できないし、
する必要もないから、ということです。

実際に作業してもらえば、
各々の能力は自ずとわかってきます。

それに今回外注する作業は、
作業の中で最も時間がかかり、
最も機械的な作業な訳ですから、

(以前も確認しましたが、
優先順位の最上位は出品作業ですよね?笑)

何人SOHOさんがいても困らないはずなので、
全員に作業してもらえば
いいだけのことなのです。

僕も始めの頃は、
メッセージで色々と質問したり、

Skypeで通話してみたり、
面接のようなことはしていました。

当然依頼する内容によって
そういったことも必要なのですが、

今回依頼している作業は、
マニュアルさえ渡せ
ば誰にでも出来る作業ですし、

定員人数を決めなくていい作業ですので、
そういった選別は必要ないですよね。

全員採用するといっても、
こちらの希望条件に
合わない方は対象外ですし、

条件は満たしているけど、
一部例外の方もいてます。

僕の場合、例外というのは、
24時間以内に返信のない方のことです。

初めのやり取りの段階で、
レスポンスが遅いというのは
少し問題がありますので、

そういった方は
お断りするようにしています。

ですので実質上は、
応募数の80〜90パーセントぐらいの
SOHOさんを採用しているのですが、

採用できる場合は、本当に全員、
選別する事なく採用するようにしています。

この「全員採用する」ということは、
外注化を正しく進めていく上で、
後々非常に大切なことですので、

必ず実践するようにしてください!

次回へ続きます

『Amazon輸出』『ebay輸出』で
後発組でも最短で稼げるノウハウを1から教えるブログ