セミナーでもちらっと話しましたが、
マルチプラットフォームに関しては

色々な意見が
飛び交ってるように思うんですが、

結局はじゃあ、
どんぐらい横に広げたらいいのよ?
と思ってる人も多いんじゃないでしょうか。

実は僕もその一人ですwww

でもこれって結局実際にやってみないと
わかんないことも多いですよね。

例えば今の僕の
海外販売におけるスタイルだと、

大量出品の無在庫販売なわけですから、
そもそも実現できそうな
プラットフォームってのは限られます。

あ、ここではプラットフォームに
絞ったお話です。

例えば、APIは公開されてるのかとか、
CSVによる一括アップロードはできるのか、
また画像URL指定でのアップができるのか。

そのへんがポイントになってきます。
ちなみにこの辺は大手なら
大体対応しています。

国内ならヤフオク(ストア)、
ヤフー・ショッピング、楽天、Qoo10とか

BUYMAは微妙ですね、
法人ならリスティングのCSV一括はいけるけど、

画像URL指定は無理ゲーだったような。。。
まあ審査落とされまくって
実際やってないからわかんねw

APIも吐いてないしね。

とまあ販売スタイルに応じて、
マルチに広げれるかどうかも
限られてるわけですね。

最近ではモバオクも
CSVに対応しましたね。(クソですけど)

あとは、あえて手間をかけてでも
そういったものが対応していない
プラットフォーム
に殴りこむというのも手ですね。

たとえばメルカリとかw

現状スマホかタブレットからのみしか
出品ができないので、

大量出品というか、
事業目的で出品しようと
思ったら超大変ですw

※PC内エミュとかで稼働できて
クリップボード共有できるんならまだ捗る

でもほとんどやってる人
いないでしょうからおもしろいかもですねー

僕はLINE MALLも気になるんですが、
メルカリもちょっと
チャレンジしようかと思ってますw

あとFrilとかもw

海外ではEtsyあたりは
ちょくちょく進めてます。
まあ商材限られますけど。

1箇所で10万円しか月に稼げなくても、
プラットフォームが
10個あれば100万ですからね!

管理力さえあればプラットフォーム増やせば
リスクはかなり下がるし、
いい作戦だと思うんですが(^^)

輸出入ビジネス下克上ブログ amazon輸出/ebay輸出を通じて世界へ