「〇〇という商品を出品していて
 違反申告を1件貰いました。
 この商品は本物なのでしょうか?」

このような質問をたまに貰います。

これの何が問題かわかりますか?
僕がこの質問から思う問題点は2点です。

まず1点目
違反申告を気にしているようじゃ・・・
ということです。

僕もあるアカウントは出品すると全ての商品に違反申告が
届いていたアカウントがあります。

この原因は、相場を壊すような1円出品です。

丁度1年前ほどから1商品を大量仕入れして
“他よりも安く仕入れて他よりも安く売る”
この手法を取り始めていました。

この手法を使うと相場は必然的に下がり
尚且つライバルは稼げず自分だけ稼げるという状況になります。

つまりライバルの恨みを買うということです。

僕は違反申告をもらっても
少しも感情を左右されないので
ずっとそのアカウントで出し続けると違反申告は無くなりました。
(評価の影響もあるのかも・・・)

何も感情が左右されないのは
僕は自分の商品に自信を持っているからです。

簡単に言うと偽物・海賊版の疑いがあるものを
販売していないからです。

自分の中で「偽物かも・・・」と思って仕入れて
販売して違反申告きたらそれはビビるでしょう。

なので偽物が多いブランドは扱っていませんし
中国からの輸入はしていませんし
評価も高いセラーからしか購入していません。

これが2点目の理由です。

違反申告が来て「この商品は本物なのだろうか?」と
疑念を持っている段階で宜しく無いのです。

しかし、そもそもの話で言うと絶対に100%本物であると
断言できる商品はありません。

本物・偽物と断言できるのは
その商品を作っているメーカーのみなのです。

サリナス研究所という鑑定サイトもありますが
このサイトも結局は「サリナスが本物だと思う商品」でしか
判断することは出来ません。

そして中国人はブランド品だけでは無く
何でも模倣品を作ります。

「こんなモノも作るのかー」
「こんなの何個売れるんだ?」
という商品も作ります。

なのであなたも僕も含めて知らず知らずのうちに
偽物を販売してしまっている可能性はあります。

しかし「じゃあ偽物販売は仕方ない」と捉えるのではなく
僕達のするべきことは
偽物販売のリスクを極力100%避けることです。

それは評価が1000以上の98%以上の
トップセラーから仕入れて
尚且つ悪い評価をすべて見て
「Fake」と記載されていないかを確認。

そして僕の場合はそもそも、BIGブランドを
扱わないという制限をしています。

めちゃくちゃ儲かる商品であっても
「疑わしきは仕入れず」を徹底する必要があります。

これ徹底していると
違反申告なんて全く怖くありませんし
気にする必要がありません。

川下竜彦メールマガジン登録