こんにちは!
片桐です。
あなたはAmazon.co.jpのFBAを活用していますか?

FBAを利用する場合は、
当然FBAの倉庫に在庫を預けることになります。

このFBAの在庫なのですが、正確な個数を把握していますか?
実はFBAに預けてある在庫は、なくなる事があります。

僕は在庫の棚卸をしていて気づいたんですが、
どう計算しても在庫の数がかなり合わないんですね。

輸入ビジネスでは実店舗と違って、
万引きはないので在庫の数が合わないというのは
こちら側の人的ミスである可能性が非常に高いです。

そう思って色々調べていると、FBAへの納品数より、
販売数の方がかなり少ないのに在庫がゼロになっている商品がありました。

Amazon.co.jpに問い合わせてみると、
どうやら在庫をなくしてしまったらしいという返答でした。
担当者が言うには、「あってはならないミスだが、たまに起こる」そうです。

こちら側からすると、
在庫が消えるというのは売り上げがゼロになってしまうので、
赤字よりもよっぽど痛いんですが、実際にあります。
そして、気が付かないと請求が出来ません。

恐らく在庫の棚卸自体をしていない方も多いと思いますが、
利益に直結する部分なので、定期的に行った方がいいです。

そういう機会がないと、
在庫がなくなっていること自体に気が付きません。

また、
前述のケースではAmazon.co.jpに証拠を提示することが可能なため、
補てんが出来たのですが、証拠を出せないような場合は、
補てんを受けることが出来ません。

実例としては実際の数よりも少なく納品されている場合です。
これは証拠の提示が非常に難しく、
Amazon.co.jpが調べて「間違ってない」と言われたら、
諦めるしかなかったりします。

しかし、自衛手段もありまして、
送り状に納品した商品の商品名や個数を箱ごとに記入して送った場合は、
それが証拠になって補てんされる可能性が出てくるとの事でした。
(一度に多くの種類を送るとかなり大変ですが・・・。)

正直、
僕は今までAmazon.co.jpを信用して在庫の確認をおろそかにしていたんですが、
人間がやっている事なので完璧はあり得ません。

そして、
在庫が無くなるというのは場合によっては
相当な金額の損失を被る事にも成りえるので、
あまり意識が向きにくい部分ではありますが、
チェック体制をしっかりさせた方がいいですね!

参考になれば幸いです。
では、また♪

3か月で月収30万☆中国輸入で稼ぐ方法