こんにちは、矢野です。

せどりをした商品が届きましたので
紹介しますね。こんな感じです。

スーパーファミコンをはじめ、
ゲームキューブやニンテンドー64の
新品ソフト約50本です。

見る人が見ればわかりますが、
中にはかなり高値で売れるソフトも
たくさんあります。

一本あたり300円とか500円、1000円と
かなり安く譲ってもらったので、

今の値段で全部売れると、仕入れ値を
差し引いても20万近い利益になります。

利益率で言うと70%とか
余裕で出るんじゃないでしょうか。

正直、回転率はそんなに良くないのですが、
高いものが数本売れたら、後は利益ですので、
こういう仕入れは楽しいです。

こんな利益率の高いお宝ソフトでも、
お店側からすれば、単なる売れ残り商品、
言わば悪しき時代の負の遺産でしかありません。

特にゲーム系はお店側からすれば、
利益率が恐ろしく低く、
新作発売時に「これは売れ筋だ」と
ダース単位で仕入れても、

数本売れ残ってしまうだけで利益なんて
全然出ないリスクの高い商品です。

こうした内情(商品の特性)を知っていれば、
仕入れ方も工夫出来るようになります。

先に挙げたようにお店側からすれば、
ハイリスク、ローリターンな商品でも、

仕入れ方ひとつで僕達せどらーにとっては
ローリスク、ハイリターンな商品となる
という事ですね。

ここを意識しているかどうかで
稼ぎはかなり変わってきます。

つまりお店は売れ残りである商品を
安くてもいいから現金化したいと思っています。
おそらくもう見るのもイヤなくらいに。

そこをうまくお互いがWin-Winな関係に
なるようにすればいいわけです。
もちろんある程度の交渉力は必要ですけどね。

基本的に僕のせどりスタイルは、
こうした利益率の高いものが中心です。

僕はお店の人が出して来てくれたものを
よほどのものでない限り買います。

もちろんあからさまに
マイナスにならない商品です。
できる範囲でお店に貢献するわけです。

「あの人が来てくれたら、
必ず何か買って帰ってくれる」

「処分したいものを買ってくれる」

こんな風に思ってもらえると、それから先も
お互いにメリットがありますからね。

商品ひとつひとつの利益は大事ですが、
さらに上を目指すのであれば、

もっと大きな視点で物事を
捉える事が必要になります。

要するに“店(店主)との対話”ですね。
大きく稼いでいる人は
こうした事をわかって行動しています。

今回はゲームソフトを例にしましたが、
別にそれ以外のものでも全然大丈夫です。

全体的にわざと抽象的に書いていますが、
やり方はたくさんありますので、
あなただけの仕入れ方法を確立してくださいね。

ヤフオクで1億稼いで人生を激変させた元フリーターのブログ