スマートフォン、タブレット、モバイル機器や
インターネット接続が可能な機器の普及などによって
今後も投資が見込まれるMコマース市場は、
順調な成長の構えを見せている。

しかし、そこにはいくつかの課題が付随する。
情報管理、アプリケーションやネットワーク基盤の確保、
そしてしれつな競争。

とはいえ、mコマースサービスの未来は明るい。
モバイルアプリケーション基盤や
プラットフォームを越えたコミュニケーション方法の進化、
アプリケーションやサービスに対する人々の認知といった好材料のためだ。

目まぐるしいインターネット技術の革新や
スマートフォン市場の成長とともに、
コミュニケーションという観点から世界は狭くなってきている。

これにより、市場では新しい商取引や
コミュニケーションの方法があみ出された。
mコマースサービスは従来のサービス方法とは違い、
高い料金を支払うことなく、
お互いに商取引やコミュニケーションが行える手段なのである。

mコマース市場はさまざまな企業、とりわけ、
大手企業(エリクソンやジェムアルト、Google、IBM、
マスターカード、MoPay、Oxygen8、Paypal、SAP、Visa等)
の新しい技術や方法を取り入れている。

市場は高性能機器の導入により成長が進み、
ブロードバンドの接続性も上がった。
また、銀行取引、購入、マーケティング、広告といった分野において、
mコマースサービスの料金は従来のものより安価だ。

mコマース市場をけん引する主な要因は、
高機能機器の導入の増加やブロードバンドの接続性の向上、
安価なサービス、社会的認知などである。

しかし、mコマースサービスのプロバイダーは
インターネット網やユーザーへの収益依存、
激しい競争といった課題に直面している。

MarketsandMarketsの予測によると、
mコマース市場は2014年の1161億ドル(約12兆円)から
2019年には4673億ドル(約48兆円)に成長するという。

同期間を地域別にみると、北米、ヨーロッパは最大の収益源であり、
アジア・太平洋地域や中東は市場のけん引役と見られている。

PRNewswireより引用
http://www.prnewswire.com/news-releases/m-commerce-market-worth-4673-billion-in-2019-256978711.html