アカウントの複数所有というのは、
amazonの規約上は
タブーとなっているものの、

特定の条件を満たせば
公式で同一名義でアカウントを
複数所有することが可能です。

ただ、その条件てのが
同一ASINを出品しないであったりと、
うまみが半減することこの上ないです。

となると別名義でのアカウントを
取得しての販売のほうが
リスクはあれど効果は
大きいように思います。

ただいかんせん、
amazon様的にはNGなので
なんともここではいえませんw

とはいえ、
たとえば別名義のアカウントで
管理を代行しているという体裁であれば、
別に問題ないんじゃないかなと思います。

実際そうやって販売を行っている
アカウントもあるでしょうし。

ただ気をつけないといけないのは、
重複アカウントと判断されて
メインのアカウントまでサスペンド
されてしまうようなことです。

そのために、
ちゃんと管理代行と説明できて
納得してもらえるのであれば問題ないですが、

それができないのであれば重複と
判断されないような工夫をしていたほうが
無難だと思います。

では、お前このアカウントと
このアカウント重複してね?
って判断される要因ってなんでしょうか?

つってもそんな難しく考える必要もなく
ようはなにもかぶってなければOK
ってことです。

カード情報や口座情報、
アカウント名義や住所はもちろんのこと、

グローバルIPやMACアドレス、
SKUルールなど、

ありとあらゆる部分でかぶってなければ、
そういった重複の判定を受けることは
ほぼないと思います。

だってそこまで違ったら
もはや別人ですからw

あとはどのラインで
自分が自信持っていけるかですね。

結局最終的には自分で判断しないと、
人に判断委ねても思わぬところで
重複カウントされてしまっても
痛い目見るのは自分なわけですから。。。

ちなみにそこまで考えて
複数のアカウントを無在庫、在庫、FBA
とまぜこぜにして

なおかつInventoryのASINもだだかぶり
しないように分散しようと思うと、

管理がいやになるほど大変ですw
もはややめたくなるレベルです。

ただその先にどのぐらいのリターンが
あるのかってのは興味ありますね。

輸出入ビジネス下克上ブログ amazon輸出/ebay輸出を通じて世界へ