世界には独創的なアートや伝統技術がたくさんありますよね。
今回ご紹介するのは「エブルアート」と呼ばれる伝統装飾です。

このエブルアート、トルコに古くから伝わる伝統装飾の一つで、
紙に美しい模様を描くマーブリングの一種。
日本や中国では「墨流し」とも呼ばれている描法です。

ebr2

でもこのエブルアート、
わたしたちが目にしているマーブリングとは全然違うんです!

水面に染料をたらしそれを混ぜて紙に転写するのは
一般的なマーブリングと同じですが、
エブルアートは水面にたらした染料を棒で伸ばし、
芸術的でエキゾチックな模様や絵画を次々に描いていきます。

ebr4

このエブルアートは複製が不可能なことから、
古くから重要文書や公文書、コーランなどの装飾につかわれてきたのだとか。

製造工程から出来上がり、そして色の組み合わせまで、
全てが美しく繊細で独創的。
ため息の出るような伝統装飾の製作工程はぜひ動画でチェック。