こんばんは

プラットフォームでの販売において
一人で何個ものアカウントを管理するのは大変です。

人によって任せ方は違っています。

Aという、アカウントはこの人、
Bというアカウントはこの人、

というようにアカウントごとの担当者を
設置するやり方もあるかもしれませんが

僕の場合、仕事・分担する作業ごとに
担当する方がいて、きっちりとではないですが
それぞれに仕事内容は分かれています。

いろいろな方法を試したのですが
関わり方・勤続年数にもよって
また変わってくるかもしれません。

僕の場合、信頼できる在宅パートナーさんがいますが
SOHOさんとしてスタートして
基本、信頼関係を築くまでにとても時間がかかります。

その間に任せられる仕事というのは
やっぱり決まって来ると思うのですね。
(これも人に寄ると思うのですが)

それに比べてパートさんは
信頼関係の構築が早い。

これは別にSOHOさんが悪い、
と言っているのではないですが話が早いですね。

SOHOさんと関係を構築するのが上手な人もいます。

そして大事なのは
独立意識をもってもらうか、というのは
大切なことだと僕は思います。

一つのビジネスを大きく伸ばすか、
それともスモールビジネスをいくつも持つか、というと
いくつも持った方がいいと、僕は思います。

働いてもらっている人にも独立してもらった方が
ビジネスをいくつも持ちたいと思う場合には
都合がいいように思います。

そして働いている人もまた意欲が湧いてくれると思います。
(そうであって欲しい^^)

たとえば発送は、いろんな店舗のものをまとめれば
発送費なんかまとまって割引もききます。

アカウントが一つ止まったときのリスクも
大きいのを一つ持っているか、
そうでないのを10個持っているか、というので違いますね。

なので、最初に言った通り、
いろんな店舗を運営していたとしても
よっぽど作業が違うのでなければ
なるべく同じ作業は一人の人にやってもらった方がいいかな、と思います。

一つの作業を繰り返した方がスペシャリストになります。

ただ、一つの店舗でまともに回れなかったら
次のアカウントでも同じフローを作ったら
同じ問題が出てしまいます。

一つじっくり固めてから、
次、その次というカンジで行きたいですね。

僕の性格では、固めてからまわす
というのはあんまりできない方で
売り上げが立つって分かっていたら多少強引にでも
手をつけてしまいますがw

でもそれもありかと。
売上げがたってないのに机上の理論を組んでもしょうがない。

弱い体質なんて、実際に回したスキームの中から
見えてくるものってあると思うんです。

ビジネス形態って正解はないんじゃないでしょうか?

美しいビジネスや参考にしたい
ビジネス形態はもちろんあります。

正しい人がいないみたいに
正しい完璧なビジネス形態なんてない。

だから盲目のときも突っ走らないといけないときもあるし
慎重に慎重に石橋をたたかないといけない時もある。

人間的に成長したら、ビジネスうまくまわせるかっていうと
どうやらそうでもないみたいだし。

迷うことは日々あるけど。。。

ただ、働いていてくれる人、近くにいる人には
がつがつアグレッシブに稼ぐ姿勢を見せていたい。

輸出ビジネス 実践日記