強烈な円安と韓国輸出の可能性 前編
からの続きです

前回は為替の話題とそれから、
韓国輸出の可能性について触れていました。

今回は韓国のネット販売状況について、
語っていきたいと思います。

―――――

韓国のネットショッピング業界は非常に
群雄割拠の大混戦を極めているという部分と、

LINEの親会社としても有名なNAVERが
検索サイトとして8割以上のシェアを

誇っているというところが
ポイントとなります。

まず韓国人がネットで商品を探す際に
一番使われるのは検索サイト「NAVER」です。
http://www.naver.com/

欲しい商品名や型番を
検索窓にいれて検索します。

すると大体がNAVER内のNAVERショッピングにて
各モールでの商品比較がなされます。
http://shopping.naver.com/

例えばニューバランスの
996を購入しようとすると

http://shopping.naver.com/search/
all_search.nhn?query=%EB%89%B4%EB%B0%9C%EB
%9E%80%EC%8A%A4996MRL&cat_id=&frm=NVSHSRC

このようにニューバランス直営サイトから
G-MARKET、ロッテのショッピングモール、

新世界という韓国の百貨店のネットモール
等が比較されて検索されるので

その中から最安値のサイトで
購入されるという感じですね。

ショッピングモールで有名所ですと

・G-market
http://www.gmarket.co.kr/

・11番街
http://www.11st.co.kr/html/main.html

・オクション
http://www.auction.co.kr/?redirect=1

等が有名所です。

上記3サイトは日本人でもセラー登録が
出来ますので

ハングルの壁さえ超えれれば
かなり面白い感じになりそうです。

韓国は日本の製品が人気ですからね。

その他、商習慣としては
日本では廃れてしまった

フラッシュマーケティング
(グルーポンビジネス)が結構、
受け入れられています。

・groupon korea
http://www.groupon.kr/

ただ、一番フラッシュマーケティングで
上手く言っているサービスは韓国企業の
coupangというサービスです。
http://www.coupang.com/

日本のフラッシュマーケティングは
物販だと在庫処分感が
否めない物が多かったりしますが、

韓国のフラッシュマーケティングは
ブランドのMCMとかGUCCIとかの商品が

50%OFFクーポンを
出したりしますので驚きます。

韓国人セラーで安く出品している人は
そんな所から仕入れているのかもしれません。

また、若い人たちの間では
カカオトークの会社が運営している

サービスでカカオストーリーという
写真がメインのSNSサービスがあり、

その中でお店を展開して
販売している人も多いそうです。

https://itunes.apple.com/jp/app/
kakaosutori-sukina-renwo-xuann
detaimurainwo/id486244601?mt=8

まぁ、かなり群雄割拠な感じの
韓国eコマース界ですが、

Amazonの上陸も噂される中、
販売先としても非常に面白いと感じています。

韓国輸入仕入れ転売プロフェッショナル通信
韓国リアル仕入れ 林雅之メルマガ登録