輸入ビジネスの
レベルアップの手順について。

どのような手順を踏んでいくのが
ベストか?
まとめてみます。

前提条件として、
コンサル等を受けず、

有料の商材を極力購入しないことを
条件としてみます。

☆段階1 情報収集

まずは情報を得ることが大切です。

書籍・メルマガ・ブログ等から
大まかなやり方を学びます。

書籍に関しては、読み込んで全て
理解しておく必要はあります。

☆段階2 各種登録&設備投資

基本的なやり方や流れを覚えましたら、
必要なサイトを登録していきます。

●アマゾン大口アカウント
●ヤフオク
●amazon.com
●MYUS等の転送会社
●ebay

同時進行で
必要な消耗品や備品を揃えます。

・ラベル出力用のプリンター
・FBAラベル
・各種梱包資材等

※商品のテスト発注後でも
良いかもしれません。

☆段階3 テスト仕入&テスト販売

まずは何でも良いので、
テストとして購入してみるといいです。
一連の流れがつかめます。

●amazon.comで直送商品を
購入・転送会社経由の商品を購入

●ヨーロッパのamazonで商品を購入
●ebayでBuyItNowで商品を購入
●ebayでギクセンを使用して商品を購入

リサーチをした商品でも良いですが、
そうすると時間がかかります。

ここで購入する商品につきましては、
あくまでも自分の趣味的な商品や、

テストと割り切り、
安い商品を買ってみることを
オススメします。

ちなみに僕は松井の
ベースボールカードを送料込3ドル以下で
買いました(笑)

もちろんファンでも何でもないです。
(一応記念にとってあります)

そして、テスト販売をしてみます。

●ヤフオクで
テンプレートを活用して出品。

●アマゾンでFBA出品し、
一連の流れを掴む。

●アマゾンで自宅発送の出品を行い、
手順を把握する。

ここまでで事前準備が完了です。
費用としては、

書籍関係 約5000円
設備投資関係 約1万5千円
テスト仕入(全て安い商品と仮定) 約1万円

合計3万円程度の出費です。

※転送会社やアマゾンの
アカウント費用除く

以降の段階につきましては、
次回へ続きます

輸入ビジネスで起業 目指せ年商10億円