楽天グループは戦略的な意思決定を下した。
楽天の全eコマースのマーケットプレイスを
1つのグローバルなプラットフォームへ移行させるためだ。

世界的なeコマースのマーケットプレイスプラットフォームにより
小売業者や消費者は巨大な利益を得ることができる。

さらに世界のマーケットプレイスの商品や顧客へアクセスでき、
さらには単体のプラットフォームだからこその
利点も利用することもできる。

よって楽天は、今年10月にヨーロッパに楽天UKを立ち上げ、
グローバルプラットフォームへの動きを加速化する。

これは大変に楽しみなことであり、
今後のマーケットプレイスモデルと
英国やヨーロッパでの楽天の成長を
強力にバックアップすることとなるであろう。

楽天のPlay.comのサイトは、2014年度はそのまま運営を続け、
2015年度第一四半期に新しいグローバルプラットフォームと
楽天UKのサイトに置き換えられる予定だ。

一見したところ、これは興味深いニュースであり、
楽天のマーケットプレイスを1つに集約することにも
意味があるということがわかる。

しかし、セラーは懸念を抱いており、
皆、それらの問題に早い段階から取り組みたいようだ。

2014年のクリスマスシーズンに向け、
Play.comが閉鎖の方向へ、
また楽天UKも100%の稼働が難しいかもしれないことから、
自分たちでしっかりと予想をたてておく事が賢明だ。

さらに、この移行時期にPlay.comで販売することに
価値があるのかどうかということにも疑問に抱くに違いない。

サードパーティのプロバイダーは
すでに新しいマーケットプレイスに
皆さんをつなぎとめようと楽天と共に動いている。

この移行でどんな支援をするのか?
また、この移行期間にサードパーティのソフトウエアプロバイダーが、
どのようにして顧客が良いサービスを
確実に受けられるようにするのか聞いてみたいところだ。

もしPlay.comが新しいチャンネルになると考えているのなら、
あまり動かない方が良い。
クリスマスシーズンが終わるまではビジネスの違う面に集中せよ。
その時には何がどうなっているのかが明らかになる。

さて、このニュースは皆さんにどの様な影響を及ぼすのだろうか。

Tamebayより引用
http://tamebay.com/2014/07/rakuten-reveal-closure-plans-for-play-com.html