こんにちは!
片桐です。
今回は、店舗でのリサーチについてです。

あなたは実店舗でリサーチを行うことはありますか?
ほとんどの方はリサーチというとネットのみで終了していると思います。

実店舗でのリサーチを行うと、
ネットでは見つけられない商品が結構見つかるので、視野が広がります。

例えば実例で紹介しますと、ドンキホーテ。
激安の殿堂?として有名なお店ですね。
ココは結構中国商品を取り扱っています。

先日の広州展示会(広東フェア)にもブースを作っていたくらいです。
ドンキホーテはさすがに大きな企業ですので、
中国商品も単純にタオバオで仕入れての転売とかではなく、
しっかり工場と連携してOEM(オリジナル商品を製造)で作っています。

僕は実際にドンキホーテの商品を作っている中国の工場を知っていますが、
ドンキに卸しているものと全く同じ商品は卸せないけど、
ほんのちょっとパッケージやデザインを変えれば
同じ品質の商品を卸せるとの事でした。

このような工場は日本の企業との貿易経験があって、
日本の品質基準を理解しているし、
大抵は日本語の話せるスタッフがいるので取引しやすいです。

商品の品質も確かですし、
ドンキの販売実績があるのでそれなりの販売数も見込めます。

何よりネットでは出回っていない商品ですしね。
(ただし、ロットがでかいことが多いです)

ドンキで取り扱っている商品は、
実は中国仕入の商品がかなり多いです。
そして、Amazon.co.jpなどでは販売されていないものが多い。

実店舗のリサーチをすると思いがけず
良い商品を発見できることもあります。

ネットのリサーチに疲れたら、
気分転換のお買い物気分でリサーチしてみては如何でしょうか?

P.S

リサーチのポイントについて少しお話を。
リサーチのポイントは初級者と、中級者以上で変わってきます。

初級者の場合は教材などに書いてある基本に忠実に、ひたすら数をこなすこと。
これが一番大事です。

日本で売れてる中国商品を見つけて、
タオバオで同じ商品が無いかを確認する。

「どれだけたくさんリサーチしたか?」
が結果的に一番リサーチ力がつきます。

中級者以上になるとちょっとポイントが変わってきます。
今度は価格差だけを追わずに、色々なポイントを見ていきます。

・ライバルが参入しやすいかどうか?
・短期で売るのか?長期で売るのか?
・販売する際にどのような販売方法で売るか?

などなど。

多分上記を見て、
「あーなるほど」と思う方と
「何のこっちゃ?」と思う方とがいると思います。

なるほどと思える方は、
仕入の時点でどうやって販売するかを考えている方ですね。

ただ単にモールに出品するだけの状態から、
一歩先に進むと様々な売り方がある事に気づきます。

中級者以上になってくると、
どうやってもっと安く仕入れるか?
どうやってもっと効率的に仕入れるか?
が大事になってきます。

リサーチも奥が深いですね。
では、また♪

3か月で月収30万☆中国輸入で稼ぐ方法