ヤフオクで輸入ビジネスを実践している人を
本気で調べてみました。

カテゴリーごとの売上上位者や代表的なキーワード、
有名な輸入商品の取扱者を徹底的にリサーチしてみました。

その結果わかったことです。

ストアではなく、個人限定で調べているのですが、
月の総売り上げが300万円を超えている人は、
あまりいないということです。

30万円~70万円に集中しております。

僕のリサーチがまだまだ足りていないのかもしれませんが、
今更ながら多くの人がIDを使い分けているなと実感しました。

IDを使い分けることによるデメリットよりも、
メリットの方が大きいのかもしれません。

■メリット

・他ライバルに見つかりにくい
・同一ジャンルの出品を繰りかえすことにより、出品者の専門性が高まる。

■デメリット
・月額費用の増加
・管理する負担が増える

他にもまだまだありそうです。

商品をリサーチするばかりではなく、
出品者をリサーチするのもたまには面白いですね。

一覧を見ていると、
たまに趣味のものも売ってたりしますので。

ところで
アマゾンとヤフオクの両方やっている人は
多いと思いますが、どちらが主力なのでしょうか?

最近リサーチをやっておりますと、アマゾン的な輸入商品を
多数扱っているヤフオク出品者に出会います。

逆のパターンは、ほとんどありません。

アマゾンで扱っている商品を、
ついでにヤフオクでも売っているという訳です。

純粋に、販路が倍になるので、
売れるタイミングも倍になります。

ちなみに、こういう出品者を見つけると、
アマゾンでもヤフオクでも売れる商品がわかります。

またアマゾンで売れているけど、
ヤフオクで売れた実績がない商品。

出品してみると、以外と売れます。

面倒ですが、試してみる価値はありますよ。

ヤフオクのリサーチをする際に
便利なサイトをまとめてみました。

ぜひ参考にしてください。

■オークファン
http://aucfan.com/
ヤフオクの落札履歴を調べるリサーチの基本サイト

■グローバルオークファン
http://global.aucfan.com/
各国ebayとアマゾンを横断的にリサーチ可能。
楽オク・モバオク・楽天も検索結果に反映。
amazon.co.jpも反映するので、国内価格を調べるのにもお役に立ちます。

■オークファンプロ
http://pro.aucfan.com/
オークファンの上位版。
より細かい分析をする方やデータ重視のリサーチを
得意とする人向き。

■GIXEN
http://www.gixen.com/index.php
スナイプ入札をしてくれるサイト。
※ebay終了ギリギリのタイミングにて入札してくれます。
 
■PAYPAL
https://www.paypal.jp/jp/home/
ebayの落札時に使用する支払サービス。
これを利用すれば、相手にクレジットカードの番号を知られることなく、
クレジットカードでの決済が可能。

輸入ビジネスで起業 目指せ年商10億円