佐川急便が今月24日から代金を後払いできるサービスを始めた。
インターネット通販のほか、カタログ通販やTV通販に対応する。

新サービスの名前は「SAGAWA後払い」、
親会社であるSGホールディングスのグループ金融会社が
通信販売事業者に料金を立てかえ、配送を請け負う。

5万円を限度額とし、与信管理や請求書の発送のほか
督促業務も佐川急便側が請け負うという。
通信販売事業者の代金未回収のリスクを引き受け、受注を増やしたい考え。

ユーザーは自宅に届いた商品を実際に確認してから
気に入れば2週間以内に代金を支払う仕組み。

商品到着後に届く請求書で指定の銀行口座へ振り込んでもよし、
コンビニエンスストアで支払うもよし。
インターネットバンキングを使えば、自宅で決済も可能。

もし不満があれば返品もオーケーだから
ユーザーの利便性はぐんと高まる。

返品の条件は通信販売事業者や商品などによって違うが
「値札を外さない」「汚れていない」などが一般的な条件となる。

服や靴とかを「サイズが微妙に違う」という理由で返品できるため
とくにファッション系の通販などと相性がよさそう。
写真で見て気に入っても、試着するといまいち…ってことはよくあるもの。

今回の佐川急便のサービス拡大は、他社を意識したものとみられる。

インターネット通販大手のAmazonは、
原則「未開封・未使用」であれば商品到着後30日以内に返品できる。

宅配便でライバルのクロネコヤマトは、
24時間稼働の物流サービス拠点で、東京・中京・大阪を結ぶ計画を進行中。
来年春には佐川急便と同じような「後払いサービス」を開始する予定だ。

全国の郵便局をベースとする日本郵便は、圧倒的優位に立つ。

「SAGAWA後払い」によって同社のシェアがどれくらい伸びるかは未知数。
だけど宅配便事業者間のサービス合戦が今後激しくなることが予想される。

「ECのミカタWEB」より引用
http://ecnomikata.com/ecnews/detail.php?id=1793