ChannelAdvisor社による最新の調査から
Amazonマーケットプレイスの
販売者向けフルフィルメントサービスを
利用している小売業者が増加していることが分かった。

Amazon.com Inc.のマーケットプレイスを
通じたeコマースの売上高は
前年と比較して27%上昇した。
これはeBay Inc.を利用した販売成長率の
6.8%よりはるかに高いものになっている。

また、ChannelAdvisor社は
Amzon.com、eBay Inc.、Google Shopping等の
様々なオンラインマーケットプレイスや
マーケティングチャネルを利用して
販売を行っている同社顧客企業を比較した
月別のレポートを作成している。
レポートによると、eコマースサービス・プロバイダーは
2014年、25%の収益増だったと報告されている。

Amazonの今年1月の成長率は、
昨年12月の21.8%の成長率から
横ばいとなっている。

eBayの昨年12月の
同一店舗販売成長率は5.8%だった。
他のマーケットプレイスの成長率は
昨年の12月の28.5%からやや減少して
27.2%になっている。

eBayオークションの1月の販売高は
前年比16.2%下落し、
12月の12.9%の下落とほぼ同じとなった。

eBayの固定価格販売に関しては
昨年12月は5.7%の上昇、
今年1月は7.3%の上昇となった。

Amazonの販売業者は総商品量の39.6%を
Amazonプログラムによる
e小売業者のフルフィルメントを
通じて販売していた。

その成長率は今年1月で32%の高い割合となっているが
昨年11月の最高成長率56%よりは下落している。

さらに、比較ショッピングエンジン(CSE)を
使用して販売するChannelAdvisor社の顧客の
1月の同一店舗売上高は
前年比9.4%の減少となった。
昨年12月の売上高は2.3%の減少だった。

これは、Google ShoppingやPLA(商品リスト広告)の
勢いによって影がうすくなってしまった
従来のCSEの弱さが浮き彫りになったとレポートされている。

Google Shoppingの1月の販売高は
前年比10.1%上昇し
昨年12月の13.2%の上昇と比較して
ほぼ横ばいとなっている。

internet Retailerより引用
https://www.internetretailer.com/2015/02/12/sales-growth-amazons-marketplace-crushes-ebay-january