Amazon輸出をやり始めると
すぐに気づかれると思いますが、

実際に利益が出るのは
仕入れ値と売値との差額ではなくて、

大量発送によるEMS送料の
割り戻しだったりします。

仕入れ値と売値との差額で
千円儲けるのは難しいですが
大量発送による送料値引きで
千円儲けるのは簡単です。

割り切って、
仕入れ値と売値の差額で儲けるのをやめて

重い商品ばっかり扱って大量に売りさばき、
発送個数を伸ばして
割り戻しで儲ける作戦も有効でした。

Amazon無在庫輸出はとても簡単に
売れてしまうため
新規参入者がドンドン増えていきます。

同じやり方で売るので
内外価格差はみるみる小さくなりました。

どこで利益の差が出ているか
というと送料の割引率です。

例えばEMSでは月間50個発送すると
送料が1割引になります。

5000個以上発送すると
23%引きになります。

例えばアメリカへ2kg、
定価4000円の送料が

50個未満の人   4000円
50個以上の人   3600円
5000個以上の人  3080円

と、920円も利益に差が出ます。

この利益幅を使って
他のセラーよりも安く販売して
販売個数を更に増やす人もいます。

これに目をつけた先駆者が
自分で販売するのをやめて
発送代行会社を作って儲けています。

詐欺やクレーム対応のリスクを犯してまで
値下げ合戦を繰り返すより

自分では販売はやめて
送料の割り戻して儲けよう
という人が現れます。

発送代行会社のほとんどは
元無在庫セラーのようです。

僕も利用しようとして驚いたのですが、
梱包料金はとても安いのですが、
EMS送料は定価なのです。

23%の割引を受けているはずなのに
定価でしか扱わないというのは
その部分が彼らの儲けの部分だからですね。

倉庫管理は相当大変だと思いますが、
利益は莫大です。

いまのところ発送代行会社で
倒産したという話を聞きませんので、
どこも相当儲かっているのでしょう。

個人の副業で月間5千個を
扱うのはほぼ不可能ですが、

20%割引の500個なら
なんとかなるのでは無いでしょうか?

一日17個ほどですから。

僕は15%引きの
月間100個までは行きましたが
そこでアカウントを無くしました。

現在も無在庫輸出を続けておられる方は
ぜひこの「月間100個」を
目指していただきたいと思います。

ただ、EMSだけで100個です。
国際eパケットは
カウントされませんのでご注意ください。

国際eパケットは
ヤフオクで1割引で買った切手を
貼って出すのが一番安いです。

副業貿易家