こんにちは、武藤です。

米国アマゾンのみならず、
欧州アマゾンに出品される方もいらっしゃいます。
私も以前から欧州での販売を行っています。

そうしていると欧米のお客様からVATや関税について、
クレーム等の連絡を受けたことはありませんか?

お客様が商品を受け取られる際の関税は、
お客様に支払の義務があるのですが…
実は、米国と欧州ではややルールが異なります。

アマゾンとの契約を振り返ってみると、
お客様の支払総額については以下の記載がありました。

米国アマゾン
購入価格には、商品価格の他に税金と手数料が含まれる。

英国アマゾン
購入価格には、商品価格の他に税金と関税が含まれる。
欧州ではVAT(付加価値税)と呼ばれる税金と、
Customと呼ばれる関税の双方を含めた価格表示が求められます。

きちんと計算すれば30%、40%にもなりますね。
ただし、このルールを守るにしても矛盾があります。

日本から商品を送付した場合、
お客様が商品の受け取りの際に請求される
VATや関税については事前に予想ができないからです。

米国ではセールスタックスと呼ばれる税金を
セラーに変わって徴収するシステムがありますが、
欧州にはこれに代わるVAT徴収システムはありません。

しかも、商品を受け取る際に、
お客様は最大で以下の3項目の支払いを求めらます。

A. 輸入関税
B. VAT(付加価値税)
C. 運送会社手数料

アマゾン自身は輸入関税の徴収システムは
持っているようですが、
我々は利用することができません。

そこで欧州アマゾンの担当者に、
こちらからこんな質問をしてみました。

『関税や手数料を除いた価格で販売し、
実際に関税やVATが請求されたら補償してはダメですか?』

答えは、Noでした。

規約に違反するためそれは許されず、
価格にはVATや関税を含めないと規約違反との回答でした。

欧州で商品を販売する際は、
これらの費用を上乗せして販売を行うことを検討するか、
でなければ、問い合わせやクレーム発生時の対応が
課題となりそうですね。

ノマドエクスポーター アマゾン海外販売編