こんにちは、武藤です。
最近FBA経由で販売した商品に
数件の問い合わせやクレームが連続発生しました。

FBA販売ではFBAセンターに預けた荷物を
Amazonがお客様に発送します。
無在庫販売とは異なり商品の発送から到着までを
Amazonがしっかりサポートするのが特徴です。

今回発生したクレームは以下の3種類です。
1.商品の未着
2.商品の破損
3.商品に対する不満

いずれもお客様から問い合わせフォームを
通じて連絡をもらいました。

FBA関連の注文については注文番号が
問い合わせに記載されないことが多く、
その場合はお客様に注文番号を確認します。

無在庫販売を行った場合には
これらの問い合わせやクレームに対して
1件ずつ対応する必要があります。

一方で今回発生したようなFBA関連の問題は
Amazonに対応を依頼することができます。

お客様にはAmazonが発送を行ったので
Amazonに連絡してもらえますか?
とお伝えするだけでAmazonが責任をもって対応してくれます。

お客様にはコンタクトフォームか
24時間365日対応の電話番号を伝えることが可能です。

これによりAmazonが責任をもって
最後まで対応してくれます。
最悪返品になるケースもあるかもしれませんが、
返金もすべて自動で行われます。

一番安心ができるのが悪いフィードバックを
受けたとしてもほぼ取り消してくれることです。
これはFBA販売ならではの優遇ですね。

フルパワーで販売するには
無在庫、FBA販売の組み合わせが有効ですが
FBA販売分だけでも顧客サポートの手間が省けると
助かりますね。

P.S

ビジネスをスタートした当初の話題なのですが、
注文が入るたびに1件ずつ売れた理由を検証するのが大切です。

1日の注文が数十件、数百件ともなると
要因を考えてなどいられませんが
当初はこれをじっくりと考えることができます。

細かい費用を差し引いた上での実際の利益。
他のセラーの販売価格と自店の販売価格の違い。
競合セラー数。

同カテゴリーに存在する類似商品や
同メーカーや同ブランドの商品の出品状況。
商品ランキングの状況。
その商品は月に何件売れているのか?

この辺りをじっくりと検証していくことで
今後大量に出品をしたり外注する際の
精度が大きく異なってきます。

私も販売をスタートした直後は
こうした作業を繰り返して外注する作業の内容を
常に変更していました。

ノマドエクスポーター アマゾン海外販売編