早起きが苦手な人は意外と多いようです。

でも、これからご紹介する
驚くほどシンプルな早起きができるようになる方法を
ぜひとも試してみてください。

一週間後のあなたは、朝型人間の仲間入りをしているはずです。

1. しっかり睡眠時間をとる
少なくとも7時間の睡眠をとりましょう。
就寝時間を少し早め、朝までしっかり眠れば
アラームなしでも身体は自然に目覚めるものです。

2. 就寝前にテレビや携帯を見ない
光の刺激は眠りを妨げてしまいます。
かわりにリラックスできる音楽を聞いたり、
読書をしてみるといいでしょう。

3. 眠気を感じた時にベッドに行く
眠たくないのに眠ろうとするのは最大の間違い。
早起きが習慣付けば、夜も自然と決まった時間に眠たくなります。

4. 寝る時間を決める
本来、人間の体内時計に従えば
夜の自然な眠りと朝の目覚めができるようになっています。
1日元気に仕事をする為には、質の良い睡眠が必要なのです。

5. スヌーズ機能を使わない
朝、目が覚めたらベッドからでて
1日をスタートさせましょう。
1週間そうやってみてください、身体が喜び始めます。

6. 起きたらすぐ活動を始める
起きたらすぐに顔を洗い、コップに一杯の水を飲みましょう。
そうすることで身体が目覚め、あなたの1日が始まります。

7. 毎日同じ時間に起きる
毎日同じ時間に寝て、起きれば
早寝早起きの習慣が自然と身に付きます。
やりたい事を行える時間もふえて
リラックスした気持ちになれるでしょう。

8. 朝に運動をする
最初は身体が疲れるかもしれません。
しかし、運動することで身体がリフレッシュして
1日を快適に始めることができます。
夜の運動はおすすめしません。

9. 自然光をあびる
1日、15分でいいので外の空気をすって
太陽の光をあびましょう。
ランチタイムに外へでるだけでも
あなたの午後は変わってくるでしょう。

10. 毎日何かを楽しみにする
何かしらの楽しみがあると、
それは日々の活力になります。
だらだらと長時間眠っている人は、
あなたのやりたい事に費やせる貴重な時間を無駄にしています。

どれも簡単に実践できることばかり。
早速今日からでも始めてみてはいかがでしょうか?

lifehackより引用