大分前の話ですけど、
何気にテレビ見てました。

ガイアの夜明けなんですが、
なんか企業コラボの特集みたいな感じで、
ファミマとカラオケDAMのコラボとか、

日本郵便と三越の
コラボとかやってたんですが、

やっぱターゲットユーザーが
ネットとは全然違うので
戦略も全然違うんですよねw

そんなんじゃ全然売れねえだろwww

とかいうのでも、やっぱ高齢者向けとなると
バンバン売れるっていう。。。

まあ高齢者向けECとか確立できたら
最強なんでしょうけどね。

そういえば地元の仲の良い社長が
高齢者向けのハードウェア開発してたけど、
あれどーなったんかな。。。

で、今回の特集にあるような
大企業のコラボなんかほとんど
何の参考にもなりませんでした。

日本郵便と三越の例なんですが、
実践的な部分で、2社が共同出資して、

別会社作ってお互いの会社から
合計400人の人員を出向させて・・・
とかいう規模?

そんでカタログ作って日本郵便の窓口で、
通販担当者が通販の営業をするという。。。

まあ24000件も店舗が
あるからできるんでしょうけど、

だからって大金かけて
カタログつくって商材あつめて、

1つ1万も2万もするようなアパレルや
枕を日本郵便の窓口で営業して販売するって、
まったく儲かる気がしないですよねw

しかもカタログだから現物もないし、
ネット同様写真のみで
購入するスタイルですよね。

大企業のネームバリューのみにすがった、
決して真似したくない販売方法でしたw

まあ真似できねえか。

大企業だからって販売がうまいわけでもない、
優秀なバイヤーばっかなわけでもないですよね。

それといっしょで、
利益バンバンあがってる会社だからって、
儲かってるかどうかは
わからないこともありますよね。

法人にすると、なにもしなかったら
利益の30-40%もっていかれますよね。

1000万稼いでも「400万よろ☆」って
税務署やらに言われるわけです。

「脱税」は犯罪ですが、
「節税」は僕は顧客や従業員に対しての
マナーだと思ってます。

だってせっかくいっぱい買ってくれたり、
一生懸命働いてくれて生まれたお金を

ごっそり国に持ってかれるような
経営者いやじゃないですか?w

国がうちの顧客や従業員に
なにか素敵なことをしてくれるのか?
それなら顧客や従業員に還元しろよw

税金は払ってなんぼ!
って人はお金死ぬほど稼いでるか、
考えることを放棄しているか
どっちかですね。

まあ理想はこの前者になること
なんですけどねwがんばろうw

輸出入ビジネス下克上ブログ amazon輸出/ebay輸出を通じて世界へ