僕が人のサポートを始めてかなり経ちましたが
輸入初心者から頂く代表的な3つの質問があります。

それは

・電圧の問題(コンセント)
・セラーの安全な判断基準(偽物リスク)
・保証

この3つが非常に多い質問です。
中級者以上にとっては当たり前なことですが
初心者には大切なので今一度説明しようと思います。

1つ1つ回答していきます。

まずは電圧の問題。
日本の電圧は100V アメリカの電圧は120V ヨーロッパは220V
このように分かれています。

まず日本とアメリカで比較してみると20Vの差があります。
しかし、このくらいの差なら問題なく使用可能です。

僕は電気が必要な商品を1万個位売ってきていると思いますが
1つも電圧の問題でクレームをもらったことが無いです。
(お客さんも不安なので商品説明に書いていると良いです。)

次に日本とヨーロッパでは120Vの差があります。
これは使用できません。

しかも、海外に行ったことがある方は分かると思いますが
コンセントの形状も違います。
日本のコンセントは2個ですが世界では3個のコンセントを
採用している国も多いです。

ヨーロッパは3個口です。
しかし、アメリカは2個口で日本と全く変わりません。
なのでアメリカ以外から仕入れる際は
電圧と差し口に注意するようにしましょう。
(変圧器やプラグを変える装置を購入すれば日本でも使えます。)

次にセラーの安全な判断基準を説明します。
基本的には1,000以上評価があるセラーから仕入れましょう。
そして98%以上の良い評価を貰っている方が良いです。

怖がる必要は無いです。
ebay自体購入者を守る方に力を入れています。

なので商品が届かない、商品が壊れていた、商品説明文と違う
このような場合は、購入者である僕達の意見を聞き入れてくれ
簡単に返金してもらうことが可能です。

返品不可と記載しているセラーでも不備があれば返品してもらえます。
しかし、気をつけるのは偽物です。
ブランド品などは偽物が沢山出品されています。

ブランド品と聞くとヴィトンやグッチなどをイメージすると思いますが
GショックやSEIKOでも偽物が存在しています。

この偽物を仕入れないためにすることは

1、セラーの”悪い評価”を見てfakeなどの偽物と書かれていないかをチェックする。
2、特に中国や香港などのアジア圏から仕入れないようにする
3、あまりにも他と比べて安すぎる(価格差40%程)

この3点を行うと偽物を仕入れるリスクはグンと減ります。
偽物を仕入れてしまった時は返品する際に
偽物である証明を行う必要があります。

これは事実上返品が難しいです。
偽物である証明はメーカーしか発行することが出来ず
メーカーは一々相手にしてくれないからです。

最後に保証について説明します。

まず、購入の時の保証は何も記載されていない場合は無いです。
しかし、届いた時に商品が壊れていた。電源が入らないなどは
返品することは可能です。

なので、ebay・PAYPALを通して購入した場合は
日本的な保証は付いていると思って購入してもいいと思います。
そして、自分が販売するときの保証は自分でどうするかです。

万が一、あなたが保証を付けて
商品が3日後に壊れた場合は、返品返金しないといけません。
これは各々違いますが
僕は「初期不良の場合は対応します。」と記載しています。

ヤフオクやAmazonの場合も返品不可と書いても
結局は法律上、初期不良は販売者に責任があります。
しかし、わざわざ書くことで信用を与えることが出来るために
僕は記載するようにしています。

もし、運送会社が配送中に壊してしまえば
運送会社から返金を貰うことが出来ます。
参考にしてください。

川下竜彦メールマガジン登録