こんにちは、TAKEZOです。

今日は、Amazon輸入を実践し始めて間もない時期に
役に立つ(かもしれない)お話・・・

転送業者への商品到着のバラつきを
極力抑えましょうということについて書いてみようと思います。

というのも、実践し始めて間もない時期は
まだ見つけている商品も少なく、
転送する商品の数自体が少ないことが多いので
送料がかなりかかってしまうからです。

アメリカのアマゾンから仕入れる、ということを想定すると、
「全てFBAで」仕入れたほうがいいです。

自己出品者からではなく、
全ての商品をFBAで仕入れることにより、
転送業者に商品が到着するのは、ほぼ同時になります。

これはもちろん、「価格差がある場合」に限ります。

FBAだと価格差がなく、自己出品者から買うと安いものの
到着まで日数がかかってしまいそうな場合は
一旦仕入れを見送るのも手です。

そのようにして、仕入れた商品群を
ほぼ同時に転送業者に到着させることにより
「あの商品がまだ届かないから、日本に送るのはもうちょい先!」
などと歯がゆい気持ちになることも減ると思います(笑)

当たり前のことですが、
転送業者から日本に商品を送る時は
商品が多ければ多いほど安くなります。

ですので、
「とりあえず5種類くらい商品を仕入れてみよう」
と考えるのではなく、

数十種類以上は商品を見つけてから一気にFBAで仕入れる、
と考えたほうがいいと思います。
(あくまでも初期段階のお話です)

最初は送料を高く感じると思います。
数万円は当たり前の世界です。

ですが、商品が売れて利益が出れば、
それは必要経費だと実感することが出来ます。

初めにそういう感覚を掴むと
うまいこと軌道に乗っていけると思うので、
是非とも手段の一つとして考えていただければと思います。

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

Amazon輸入実戦記
~アマゾンFBAを使った輸入ビジネスを実践し、
PC1台で世界を旅することを目指すブログ~