こんにちは、rikiです。

今回は仕入れ単価について
書いてみようと思いますが、

毎度同じ事を
言っているような気がしますが、

はじめに絶対これが正解
とかはありませんので
参考程度に聞いてもらえればと思います。

僕が転売を始めた初期は、
中古せどりからだったので、

一般的に仕入れ単価が
安い物を扱っていました。

主に本やDVD、CDが中心で
1商品辺りの販売単価も2,000円位でした。

まず、
仕入れ単価の安い商品のメリットは、

仕入れ資金が少額から始められるのが
1番のメリットだと思います。

販売単価が2,000円位であれば
仕入れ値はそれ以下なので、

仮に売れ残りや赤字になっても
ダメージも低いです。

ただ、単価が安いだけに
数を売らなければいけません。

販売単価2,000円で
想定利益率が20%の場合、

400円の利益しかありませんので、
100個売っても40,000円の利益です。

いわゆる薄利多売っていうやつです。

しかも僕がやっていたのは、
中古せどりだったので

販売前にコンディション確認が
必要になる為非常に手間でした。

新品、中古の違いで
検品&納品に掛かる時間が
全く変わってくるので、

もし副業でやるんだったら
中古せどりではなく

低単価の新品を扱う商品や
中国輸入がお勧めかと思います。

そして、単価の高い商品ですが
仮に転売するとして仕入れ値が
10,000円以上になると

仕入れ値としては
高い商品になると思いますが、

こういう商品を扱うようになると
何が良いかと言うと、

少ない労力で大きな売り上げを
上げることが出来ます。

販売価格1万円の商品を
100個売ればそれだけで月商100万円です。

2,000円の商品であれば
500個売って月商100万円なので
作業量で違いが出てきます。

その分仕入れ値も高いので
売れ残った時のダメージも大きく、

ここは低単価の商品の逆になるので、
僕の結論としてスタート時は、
安い単価の商品から
始めるのが良いと思います。

慣れるという意味でも
無理なくスタートできると思いますし、

感覚を掴むまでは
クレジット仕入れではなく、
現金仕入れでも
いいんじゃないかと思います。

ただ、大きく稼いでいくのであれば
単価を上げることは必要ですね。

僕が、今も2,000円位の
単価の低い中古せどりをやっていたら
今みたいな売り上げは
上げれていないと思います。

あくまでも単価の安い商品は
稼げないという訳ではありませんが、

僕個人としては単価の高い
商品が合うというだけで、

本せどりで稼いでいる人も
実際に沢山いますよね。

それぞれのメリット・デメリットを
活かして自分にあったスタイルを
確立する事が大切です。

単価の安い商品からスタートして、
単価の高い商品に手を広げる、

そして総合的にそれらを取り扱う、
一つの事に執着するのは
もったいないと僕は思います。

オールジャンルで
攻めてみるのもありですよ!

輸入ビジネスで独立を目指すrikiのブログ