『貧乏を抜け出せない理由』 前編
からの続きです

前回は貧乏を解決する為の
方法として、

アルバイトの時給が上がった場合で、
その効果を検証していました。

今回は時給とは別の面で、
アルバイトについて考える所から
話を続けていきたいと思います。

―――――

では、バイト先を変えるのでなく、
バイトの時間を増やすことにしましょう。

1日8時間勤務だったのを
10時間勤務に変えて、
週5日働いたとします。

自給は800円です。

800円×2時間×5日×4週間=32000円

32000円の収入アップです。

でも、32000円収入が上がれば
『貧乏』から脱出できるのでしょうか?

答えは「貧乏からの脱出は困難」
だと僕は思います。

32000円の収入が増えれば、
少し豪華な外食もできるだろうし、

自分の趣味に少し
お金を払うことも出来る。

ガソリン代を気にしないで
ドライブに行ける、

こんな感じで使うことは
出来るかもしれませんが

『貧乏からの脱出』
となると正直難しいかな、
と言わざるを得ません。

そもそも、貧乏と言うのは

【貧乏(びんぼう)(英語:poor)とは、
財産や収入が少なくて生活が苦しいこと。

貧しいさま。
貧困より生活には困窮していない。

状況が悪化すると
赤貧とも呼ばれることもある。

困窮により日常生活に支障をきたす場合、
生活保護法による扶助の対象となる。】

つまり、生活が苦しい状態なんです。

生活が苦しくなく、一定の水準で
生活が出来ている人間にとってならば

32000円の収入プラスは
お財布が温まるものですが、

生活が苦しい人にとっての32000円は
呑気に使うことが出来るお金ではないです。

なので、ぶっちゃけ
【自給が高いバイト先で勤める】
【勤務時間を増やして収入をアップさせる】
という方法は非常に短絡的な考え方です。

短絡的な考え方しか出来ないと、
どんなに考えて行動しても
貧乏な状況からは脱出できないです。

なのでこういった短絡的な考え方でなく
もっと有用な考え方を
しなくてはなりません。

~26歳、完全在宅で月100万円稼ぐ金森のブログ~