「やる気を出す方法」

これって永遠の課題ですよね。

やろうやろう!と思っても、
疲れているので寝てしまう。

頑張って作業しているはずが……
気づいたらYoutubeの動画が再生されている。

1日使って、仕事を超進めよう!
と思っていても、1日の終わりには、

「今日何したっけ……」という状態になっている。

まあ、誰しも身に覚えのあることだと思います。

今日は知人の経営者と飲みに行ったんですが、
数ある「やる気を出す方法」の多くに
共通している点を見つけました。

それは、
「人に、自分のやる気を出させてもらう」
ということです。

・一人じゃなく、SOHOさん等を雇って仕事をする

・SOHOさんに自分のタスク、完了したかどうかを見えるようにする

・社員を雇って、同じ部屋で仕事をする

このようなことです。

同じ部屋で仕事してるのに、
一人だけYoutubeでアニメ見るわけにいかないですよね。

でも、一人で仕事をしてるとそれができてしまう……
それが大問題なわけです。

人を使う方法っていうのは、
何も雇うだけじゃありません。

例えば、僕が今書いているこの記事。

これも、読者の方々に
やる気を出させてもらっていると考えられます。

だって、書いてる以上、
いいこと書きたいじゃないですか。

それが達成できてるとは思ってないので
必然的に頑張って色々な経験をしなきゃいけないし、
稼がなきゃいけない。

身近な人に宣言するといい、
って言いますけど、それの多人数バージョンですね。

セミナーに行くのもそういう側面があります。

「1円も稼いでいません」
というのは誰でも通る道なので、
恥ずかしいことではないですが、

誰だって、出来れば「稼いでます」って
言いたいはずです。

要するに、「人によく思われたい」
っていう気持ちを利用するってことです。

そこを意識すれば、色んな角度で、
人に自分のやる気を引き出してもらうことが出来るでしょう。

一人で出来るビジネスって言っても……
結局、人の力は必要ですね。

何だかんだいって、
どんな稼ぐノウハウよりも大事だったりするので、
色々な方法を試してみてください。

eBay, Amazonを利用した輸出ビジネスで100万超え!君嶋の輸出ブログ