こんにちは、TAKEZOです。

今回は、ちょっとマインド的な記事になってしまいますが、
輸入ビジネスにおけるスキルについて
考えてみたいと思います。

というのも、私自身、輸入ビジネス開始から現在まで
たいしてスキルアップ出来ていないからです(笑)

私がやっていることはブログに
全てと言っていいほど書いていますが、
ただ単に自分の持っているスキルで
「ちょっとずつ仕入れ量を増やしているだけ」です。

これは私が伸び悩んでいる要因でもあります。
特に「安く仕入れる」ということに関して、
camelcamelcamelなどは使ってはいますが
eBayセラーとの直接取引などに注力してこなかった為、
偏差値にすると50チョイといったところでしょうか(笑)

皆さまの「安く仕入れる偏差値」は
いくつくらいでしょうか。

扱う商品数は少ないけれども
その全てを安く仕入れ、
着実に利益を上げている方も多くいらっしゃいます。

特に、1件でも直接取引が成約すると
そのセラーが扱っている他の商品も
安く仕入れられる可能性が出てくる為、
挑む価値は大いにあると思います。

また、「販路を増やす」というのも
スキルアップの一つでしょう。

先日、「FBAマルチチャネルサービス」を
初めて使ったんですが、
こんなにも簡単だったのかと驚きました(笑)

FBAマルチチャネルサービスとは、
アマゾンのFBA倉庫にある自分の商品を
希望する宛先に送ってもらうというサービスです。

やることと言えば、
お客様の名前や住所を入力するだけ・・・
アマゾンの在庫管理画面から簡単に出来てしまいます。

このサービスをフル活用し、
例えばヤフオクや楽天などで同じ商品を併売し、
そっちで売れたらアマゾンの倉庫から発送、
というスタンスでやっている方もいらっしゃいます。

私は上記の売り方はしていませんが、
FBAマルチチャネルが「簡単に使える」ということだけは
最近、学ばせていただきました。
しかも「たいして高くない」です。

何かの折に、
お客様に商品を送らなければいけなくなった時に
是非とも使ってみていただければと思います。
(私が使った時は400円弱でした)

また、コピペいらずのセラーリサーチとかも、
やはり「スキル」の一つですよね。
そのようなものを知っているのと知らないのとでは、
作業にかかる時間が変わってくるわけです。

このように、輸入ビジネスには様々なスキルがあり、
それらを増やしていけばいくほど
作業効率が高まり、リスクは減り、
利益は増大していくはずです。

先日、久しぶりに使い始めたMyUSから、
初めて「返品」をしてもらったので
機会があればそのことについても書いてみたいと思います。

返品もスキルの一つということで、
今回は終わりです(笑)

というわけで、
本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

Amazon輸入実戦記
~アマゾンFBAを使った輸入ビジネスを実践し、
PC1台で世界を旅することを目指すブログ~